CoBupH

製品説明

CoBupH は、pH緩衝効果の長いコロイド状緩衝液(Colloidal Buffer)で、pHの低いサイトまたは緩衝能力の弱い帯水層のために開発された製品です。CoBupH の使用により微生物の生長に有利な中性pH範囲を維持することができるので、分解菌の活性はpH変化の影響を受けて抑えられることがなくなります。

CoBupH は、安全且つ取扱い簡単な製品で、使用する前、作業現場で水で希釈すれば、そのまま帯水層に注入することができます。有効成分のアルカリ固形物が徐々に溶け出すので、一回の注入で3〜5年の緩衝効果が維持できます。

市販の緩衝剤との違いですが、例えば強力緩衝剤の水酸化ナトリウム(NaOH)だと、作業安全性問題とpH調整の行き過ぎ(Overshooting)などの欠点があり、また常用品の弱緩衝剤の炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)だと、数ヶ月一回で再注入する必要がありかつ浄化工事が長期化する可能性があります。結果的に注入工事を再開するに際して再動員費用と薬代が発生し、コストが高くなります。
CoBupH は、そういった市販緩衝剤によくある問題をなくし、安全かつ効果長持続なので、コストを大幅削減することが可能です。


製品特長
  • 安全かつ取扱い簡単
  • pH調整の行き過ぎのリスクなし
  • 3〜5年の持続効果なので、再注入工事による再動員費用は不要
  • 単独での使用も、EOS植物油微生物活性剤との併用も可能
  • 現場作業利便性を配慮するバケット包装