エコロジー・ナチュラル・持続可能性・高コストパフォーマンス
最先端土壌地下水汚染原位置バイオ浄化技術
アジア太平洋地域のお客様に提供致します


 

 

エコロジー

ナチュラル

持続可能性

高コストパフォーマンス

 
EOS Asia Remediationは、革新的かつ業界をリードするバイオレメディエーション製品を提供します。土壌と地下水中の難分解性有機化合物などの多くの汚染物質を、所在位置のまま(原位置)でバイオの力を生かして浄化することを可能にしております。
 
当社の主力製品であるEOS(植物油エマルション基質 - Emulsified Oil Substrateの略称)は、優秀な科学者とエンジニア達によって十数年以上の研究と試験を経て得られた成果です。EOS原位置バイオ浄化技術製品は、土壌と地下水中にある汚染物質を分解する土着微生物の生息に対し、最適な嫌気環境を促進します。塩素系有機溶剤(トリクロロエチレン等)、硝酸塩、過塩素酸塩、爆薬類、酸性鉱山排水など難分解性物質の浄化に適しており、また、酸化還元状態によって反応しやすい金属と放射性核種の削減にも使用可能です。​
 
EOS原位置バイオ浄化技術製品は、単に分解菌の生息に最適な地中環境を作る活性成分を配合するだけではありません。実際に地中に注入した際、土壌間隙内での輸送効果も工学的に考慮し、定着しやすく、広がりやすいエンジニアリング的設計・開発をしたものです。既に多くの汚染サイト現場で浄化成果を収め、成功事例も世界各地の学会、論文誌、科学専門誌に数多く紹介・掲載されています。更にEOSシーリズ製品の原料はほぼ再生可能な有機資源由来の物質を含むため、アメリカ農務省バイオ優先自主ラベリングプログラム(USDA BioPreferred Voluntary Labeling Program)によるバイオベース製品の認証を取得、米連邦政府の調達案件でも優先的に調達される製品です。
 
現在、台湾とオーストラリアに新たに製造拠点を設け、アジア太平洋地域のお客様に対して、より低コストで短納期のサービスを提供することを目指しております。サービス対応地域は日本、台湾、中国、韓国、フィリピン、ベトナム、カンボジア、タイ、ラオス、シンガポール、マレーシア、インドネシア、パプアニューギニア、オーストラリアとニュージーランドとなります。