発表事項

EOS ASIA は 米国EOS Remediation 社のアジアにおける製造販売権の取得を発表しました。
  
2017年2月16日、EOS ASIA Remediation Co., Ltd. (以下EOS ASIA)は、米国EOS Remediation, LLC.(以下EOS Remediation)が所有しているEOS®の技術と製品について、アジアとオーストラリアにおける製造販売権を取得したと台湾高雄市で発表しました。
 
これ以前の5年間で、EOS®の技術と製品は、台湾の独占販売代理店である J&L Environmental Technology Co., Ltd.(以下 J&L )を通じて台湾の土壌地下水浄化プロジェクトに広く適用されています。EOS Remediation と J&L との間にある良好かつ強い関係が 、アジア太平洋地域にこの新しい会社EOS ASIAの設立を実現する鍵となりました。
 
EOS Remediation は、EOS®技術のアメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカのすべての権利を保持し、新しく設立されたEOS ASIAに対しても継続して技術的サポートを提供します。EOS ASIA は、今後は J&L と密接に提携しながら、アジアとオーストラリアにおいて、EOS®ブランドを所有・製造・流通します。但し、依然として、J&L はEOS®製品の台湾独占販売代理店でありながら、中国でも販売代理権を有しています。
 
「EOS ASIAは、オーストラリアとニュージーランドを含むアジア太平洋地域のEOSブランドを維持・強化するための機会を大変歓迎しており、EOS Remediationと J&L 両社との長期的なビジネス関係も期待している」とEOS ASIAの最高経営責任者チョウ・チイが述べています。
 
さらに、EOS Remediationの社長アン・ボーデン氏は、次のように述べています。「EOSの原位置浄化技術は、既に台湾と日本において、数多くの地下水浄化プロジェクトに使用され、何度も成功をおさめています。今後はアジアとオーストラリア全域のマーケットにさらなる利益をもたらすため、アジア太平洋地域においてEOS®製品の唯一の供給源としてEOS ASIAが対応してくれることが、私たちの大きな喜びです

  
 
<EOS ASIA Remediation Co., Ltd. について>
台湾とオーストラリアに新たに製造拠点を設け、アジア太平洋地域のお客様に対して、より低コストで短納期のサービスを提供することを目指しております。サービス対応地域は日本、台湾、中国、韓国、フィリピン、ベトナム、カンボジア、タイ、ラオス、シンガポール、マレーシア、インドネシア、パプアニューギニア、オーストラリアとニュージーランドとなります。 

<EOS Remediation, LLC について>
土壌地下水汚染の原位置バイオ浄化製品と技術サポートのグローバルリーダーです。研究開発により推進された企業なので、さまざまなプロジェクトのニーズを満たす豊富な製品ラインナップがあります。女性が所有する中小企業であり、信用かつ信頼できるサービス、高コストパフォマンスの製品、および実証済みの結果を提供します。米国ノースカロライナ州都ローリーに本社を置き、リサーチ・トライアングル・パークの近くにあります。 詳細はwww.eosremediation.comをご覧ください。

<J&L Environmental Technology Co., Ltd. について>
土壌地下水汚染の調査・浄化・評価専門のエンジニアリング会社です。1999年台湾高雄市に設立以来、地下環境調査と汚染浄化に革新的な技術と設備を海外から多く導入してきました。台湾の政府部門と民間企業にサービスを提供して、既に200件以上の浄化プロジェクトを完了しました。 詳細はwww.jletco.comをご覧ください。
 
 
連絡先: EOS ASIA Remediation Co., Ltd. EOS Remediation, LLC
  Meichin Yeh(メイチン イェ)
電話:050-3558-9888(日本)
E-mail:info@eos-asia.com
住所:台湾高雄市824燕巣区安林三街20号
Ann M. Borden(アン ボーデン)
電話:+1-919-873-2204(米国)
E-mail:aborden@eosremediation.com
住所:
1101 Nowell Rd., Raleigh, NC  27607, USA